「初めての福岡を満喫する”デビ”お薦めの福岡グルメプラン!」

友人や知人が福岡に来る際に、福岡グルメのおススメをよく聞かれるので、福岡が初めて、もしくは数回くらいしか来たことがない人向けの1泊2日福岡グルメプランを考えてみた。
例えば土曜日の昼前に到着して日曜日の夕方に帰るような日程だ。
個人的に福岡は観光地というよりも食の楽園だと思っているので、滞在中のほとんどは食べている時間にしてみた。まさに食に溺れる感じを体感してほしい。

■12:00~14:00
初日は是非とも早めに福岡に到着するようにして昼食から食べてもらいたい。
まずは”秘密のケンミンSHOW”でも紹介された博多の名物を食べてほしい。
博多駅に隣接したkitte博多ビルB1の飲食店街は昼から飲めちゃうのでお薦めだ。

1軒目は博多とりかわ大臣で”とりかわ”を食べる。2人ならすぐにタレ10本+塩10本をオーダー。
「いきなり20本って何!?」と思われるかもしれないが、これくらいはすぐに完食してしまうので心配ない。
ただ、テレビで放送された影響で現在はとりかわの注文が凄すぎて一人当たりの本数に制限をかけているとの事。ここも確認が必要のようだ。

160530_1

博多とりかわ大臣 KITTE博多串房
福岡市博多区博多駅中央街9-1 KITTE博多 B1F
092-260-6360

次に隣のブースのテムジンに移動して博多一口餃子の焼き餃子と酢モツをオーダーする。
餃子は柚子胡椒で食べるのがお薦めだ。ビールがすすむこと間違いなし。〆は焼き飯で。

img_9804

テムジン KITTE博多店
福岡市博多区博多駅中央街9-1 KITTE博多 B1F
092-260-6488

■14:30~15:30
博多駅から地下鉄で2駅の中洲川端駅6番出口より徒歩すぐの福岡アジア美術館内フリースペースにあるカフェでひと休み。
FAAM CAFE (ファームカフェ)
ここは「ジャパンバリスタチャンピオンシップ」で2014、2015年連続優勝、2015年の世界大会で7位に輝いた岩瀬由和さんが経営するREC COFFEEの支店だ。
実は福岡はコーヒーも有名でコーヒー関連のコンテスト受賞者が数多く住んでいる。

p1090653

ハンドドリップコーヒー 350円

FAAM CAFE (ファームカフェ)
福岡市博多区下川端町3-1 福岡アジア美術館内フリースペース
092-282-0032

■16:00~17:00
FAAM CAFEから歩いて15分くらいのところにタモリさんが日本で一番美味しいと言っていた”吉塚うなぎ”がある。ここはいつも行列ができているが、この時間だと比較的すいているので狙い目。

160504_1

吉塚うなぎ屋
福岡市博多区中洲2-8-27
092-271-0700
水曜日定休

■18:00~19:00
お腹もいっぱいだろうから、近場でちょっとした観光でもしてみる。
船上からキャナルシティ博多を見て博多湾まで周遊する水上観光バスの”リバークルーズ”
所用時間は約30分で料金は1,000円。
乗り場までは吉塚うなぎから歩いて15分くらい。
運行時刻の確認や乗り場、申し込みはホームページ↓を参考に。
http://www.hana-tenjin.jp/rivercruise

■20:00~22:00
観光でひと休みした後の遅めの夕食は有名店”博多華味鳥”で博多名物の水炊き!
他店ではなかなか見かけない鳥肝やハツが水炊きで食することができる。

p1090611

博多華味鳥 中洲本店
福岡市博多区中洲5-4-24 トリゼンビル 1F~3F
092-263-0322
※要予約

■22:30~0:00
博多の夜はまだまだ続く!
日本ホテルバーメンズ協会主催の創作カクテルコンペティションで最年少で優勝した記録をもつ倉吉親分のカクテルは飲まないとね。季節のフルーツを使ったカクテルがおススメ。

150510

picはイチゴのソルティードッグ

bar倉吉
福岡市博多区中洲2-6-7エレガンスビル6F
092-283-6626

■0:30~2:00
中洲でバーのはしごをする!
倉吉親分のカクテルを飲んだ後は風情が残る人形小路のバー”ジョイント”で”宮崎の名水21選”に選ばれた湧き水から造られた芋焼酎”飫肥杉”(おびすぎ)を飲みながら、出前でたこ焼きを食べる!

p1090666

p1090655

※福岡なのになぜ宮崎の焼酎なのかというツッコミはいらない。
たこ焼きは店主が好きな”たこやき太郎”のピリ辛 540円税込。
出前の注文はジョイントの店主に頼むと快くやってくれるはずだ。

bar ジョイント
福岡市博多区中洲4-1-19人形小路内
092-271-0248

p1090664

たこやき太郎 中洲店
092-281-8525

■2:30~3:00
やっぱり〆はとんこつラーメンで!
人気上昇中の”博多一双”中洲店でクリーミーな豚骨ラーメンをカタ麺で食してもらいたい。
生ニンニクを搾って投入すると激ウマ。

150211

博多一双 中洲店
福岡市博多区中洲2-6-6
092-262-7776

■8:30~9:30
早起きをして、朝食は博多のソウルフードの”博多うどん”を食べてほしい。
博多うどんはふわふわしたコシの弱い麺なので好みはわかれると思うが、一度試してほしい。
1951年創業の因幡うどんで一番人気の”ごぼう天(かき揚げ)うどん” 480円がおススメだ。

p1090554_1

因幡うどん 博多一番街店
福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ B1F 博多1番街内
092-481-2085
朝7時から営業

■12:00~13:00
昭和35年創業の”いか活造り発祥の店”#河太郎中洲本店 で#いか活造り定食 “中” 2,592円税込。
呼子まで行かなくても透明ないかが食べれるのはいいねぇ。
建物は風情があっていい感じ。場所はグランドハイアット福岡の正面玄関より徒歩1分のところ。

p1090536

河太郎 中洲本店
福岡市博多区中洲1-6-6
092-271-2133

■13:30~14:30
最後は明太子食べ放題のお店”福太郎 天神テルラ店”で明太子を堪能する。
”福太郎のめんたいボウル”はごはん、味噌汁、小鉢、生卵、香の物とおかわり自由の明太子が2種類ついてなんと480円!税込
※食べログの表記ではお店は9:30からオープンなので食事もできそうなイメージだが食事は11:30からなので要注意だ。

p1090533

福太郎 天神テルラ店
福岡市中央区渡辺通5-25-18 天神テルラビル 1F
092-713-4441

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

福太郎 無着色辛子めんたい(180g)I46Z02
価格:2160円(税込、送料別) (2016/12/11時点)

この福岡初心者向けのグルメプランで十分に福岡の食を堪能できると思うが”太る事間違いなし”なのでご注意を(^^)/
※上記の店舗のなかには予約をしないと入れない人気店もあるので必ず事前に電話での予約や確認が必要だ。

福岡グルメプランMAP