2017年9月にオープンした炉端焼きのお店「永らく」に伺った。
場所は大正通りの福寿飯店から天神方面に入って、あぷろの前の路地を入ったところ。わかりにくい!!
店主の糸永さんは炉端焼きの人気店「雷橋」を長年支えてきた人だけに、まだオープンして4ヶ月ほどだがすでに手慣れた感じ。
カウンター席のみだが満席!!さすがです。
お客さんは若い人が多かったが、メニューは焼き物だけでなく干物なども充実しており、日本酒もあるので私のようなオジサン世代でも嬉しい!
特に6種類の鶏の部位が500円で楽しめる「鶏盛」はオススメ!
picは車海老塩焼!どんだけ海老が好きなんやろか。

鶏盛のつくねを卵で食べるとこんな感じに!!

店主の糸永さんはイケメンすぎでしょ。

リードヴォー塩焼
フレンチの食材でよく使われるリードヴォーは子牛の胸腺の部位。
塩焼きは初めて食べたが、鶏のぼんじりのような食感やった。

鶏肝ちょい焼。酒がすすむこと間違いなし。

焼カマンベールチーズはトロトロ!

今回は注文し損ねたが岩魚をフグのヒレ酒のように楽しむ「岩魚の骨酒」は次回は必ず頼んでみたい。

永らく (ながらく)
福岡市中央区大名1-8-25 杉の宮マンション1F
092-738-3438
17:00~0:00
日曜日定休
※月曜日が祝日の時は日曜日営業。要確認。