福岡での「とりかわ」人気は絶大で、以前は「とりかわ」を取り扱う店舗は数店舗しかなかったが、今では20店舗以上に拡大している。
その中でも市内に5店舗を展開している『博多とりかわ大臣』は業界最大手といえるだろう。
今回、その『博多とりかわ大臣』を運営する株式会社チャネルティの生産現場に伺った。
通常の焼鳥屋さんの鳥皮とは違うフォルムと独特の食感はどのようにして作られているのか?

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について