緊急事態宣言の発令に伴い、中洲にある『ふろく本店』は頑張ってランチ営業してますよ!
ランチはチャージなし。
馬サガリの燻製がのっている「馬塩しそラーメン」800円は、しその香りがいい感じ!
「馬焼き飯」600円には茹でた馬のタテガミがはいっており、ほどよい弾力が良い。
「馬塩しそラーメン」と「半馬焼き飯」のセットもあるよ。
余裕があれば夜メニューも出してくれるので、店主の野見山さんに聞いてみてくださいね。

博多馬肉処 ふろく本店
福岡市博多区中洲2-4-16 Nビル1F
092-263-0269
11:30~16:00
17:30~20:00 (19:00 LO)
※この営業時間は1/14~2/7までの予定
1/24,1/25休み
https://hakata829.com/

tabelog

2021/1/3
新年はいつもの『博多馬肉処 ふろく』で馬肉はじめ!
新鮮で生の馬肉刺しはバリウマだから必食だよ。
新メニューの「とろたく」は見た目も鮮やかでいい感じ!
ふろくの焼酎もできました。

博多馬肉処 ふろく本店
福岡市博多区中洲2-4-16 Nビル1F
092-263-0269
17:30~1:00頃
不定休
https://hakata829.com/

tabelog

2020/8/20
中洲の錦小路にある『博多馬肉処 ふろく』の新作「豚と馬のスパイスカレー」1,500円税込。
豚肉は梅酒に漬け込んだものを使用している。
ピークビンダルのようにもう少し酸味を出すように試行錯誤中らしい。
1日限定5~6食を予定しているが、予約してもらえるとありがたいとのこと。

本日‪22時から‬コミュニティラジオ天神(FM77.7MHz)で放送される「カレバカラジオ」に野見山さんと重松さんに出演していただき、新作カレーの事や、馬肉の魅力についてたっぷりお聞きしますので、みなさんも楽しみにしてください。
YouTubeでもリアルタイムで聴けるので、「カレバカラジオ」で検索してくださいね。

2020/6/29
ここは予約状況がお店のHPに掲載されているので、それを外した時間帯を狙って行くのが良いよ。
熱々の鉄板で提供される「激馬ヒレステーキ (100g)」2,700円(税別)は、柔らかくて激馬(ゲキウマ)やった!
お通しの「もずく赤身」は、その名の通りもずくと赤身肉を組み合わせたもので、初めて食べたがなかなかいいねぇ!
テイクアウトは継続中
PayPay(ペイペイ)が使える。

2020/4/14
「馬肉キーマカレー」1,000円(税込)をテイクアウト!
チルドで届く新鮮な馬肉を使ったキーマカレーは珍しいね。
しかも2種類入っているのも嬉しい。
ピンクペッパーがのっている方は馬赤身肉とレバー、血管などが入ったもので、歯ごたえがいいよ。
もう一つは馬赤身肉とふくやの明太ツナが入ったもの。
勝手にコラボしていたら、ふくやの川原社長がわざわざ店に食べに来てくれたらしい。
これは嬉しいね。

2019/4/1
ここは馬刺しだけでなく、馬肉を使ったいろいろなアイデア料理が楽しい。
今回は「馬鉄火巻き」「馬しそ焼きそば」「馬汁餃子」をいただいたが、馬のたてがみが入ったデザート「ソンナコッタ」は是非食べてみてほしい。アロエ?パンナコッタ?のような不思議な食感が体験できるよ。

2017/12/15
友人に付き合って中洲の錦小路にある「博多馬肉処ふろく」で〆。
カウンター8席だけのお店だからタイミングが合わないとなかなか入れないが、今回は運よく入れた。
馬レバ刺しがバリウマやん!!
〆のうましそ塩ラーメン(限定10食)もさっぱりしていて美味しい。
野見山店長はお茶目すぎるでしょ!

2017/4/24
福岡産の冷凍ではない「生」の桜ユッケはたまらん!

2017/3/18
馬肉といえば熊本が有名だが、ここでは新鮮な福岡の馬肉を提供している。
冷凍ではないので美味いねぇ!
馬肉だけでなく玉ねぎの丸焼き?も美味しい。
ただカウンター8席だけのお店なのでいつも満席で断られてばかりだ(^^;)
比較的空いている時間は20:30~22:30との事なので、この時間帯を狙って行くしかないな。

2015/10/28
特選馬刺し5種盛り
鮮度を優先し、熊本からではなく福岡の冷凍じゃない生の状態のものを使っている。