10月23日に薬院にオープンした『焼鳥まこ』に初訪問。
場所は日本料理『井と瀬』の近くのビルの2階。
店内はカウンター8席と4人掛けのテーブル席が1つとコンパクトだが、シンプルでかっちょいい!
ここでは黒薩摩鶏を中心に古処鶏や若鶏の焼鳥を食べることができる。
今のところ5,500円(税込)のコースのみ。
黒薩摩鶏は濃厚でジューシー!刺身でも焼鳥でも美味い!
人気店『ひょご鳥』にいた誠さんが調理しているので間違いないよ。
6人から貸し切りできるらしい。

今回のコース内容は
▼▼▼▼▼
◼︎鳥スープ
→ささみと水だけを使ったスープ。最後にゆずの皮を削って香りづけに。
◼︎昆布締めの黒薩摩鶏の胸肉
→めちゃくちゃ濃厚で昆布の風味や旨味がしっかりしてる。ねっとりとした食感。
◼︎2週間鹿児島で熟成した黒薩摩鶏(もも2、むね1)
→レア、もっちり、濃厚な旨味
◼︎小判の最中に入ったレバーパテ
→濃厚、ひょご鳥とバターがちがう、よりレバー感が強い。
◼︎水だしの茶碗蒸し
→米酢ベースの餡が酸味あり。
◼︎さび焼き(若鶏)
→レアで、むっちりしている。
◼︎かしわ(タレ)(古処鶏)
→柔らかい
◼︎土佐酢のトマト
→さっぱりするからいいね。
◼︎大根おろし
◼︎ぎんなん
◼︎ふりそで
→ぶりっぶり
◼︎リンパ(きょうせん)(黒薩摩鶏)
→ホルモンのよう、プルプル
◼︎うずら
→レアでぷるんぷるん。
◼︎はつもと(黒薩摩鶏)
◼︎山芋
◼︎ハラミ(黒薩摩鶏)
◼︎白レバー(黒薩摩鶏)

【追加】
◼︎ちょうちん(黒薩摩)
→卵管ではなくレバーで、卵と混ぜ合わさって濃厚。
◼︎手羽先
■〆は考え中らしい。
→今回は土鍋ご飯、漬物、雛鳥のスープ(最初のとは違うものでさっぱり)

焼鳥まこ
福岡市中央区薬院2-14-18-2F
092-214-7053
17:00~0:00
定休日:火曜日