親不孝通りから1本路地に入ったところにある『お酒と食事 金龍』のメニューが謎なんよ。
通称『金龍食堂』と呼ばれるこの店は、戦後すぐくらいに女将さんの祖母が創業したらしい。現在の場所に移ってからは55年ほど経つとのこと。
店の外にホルモンラーメンという看板があるが、ホルモンラーメンというメニューはないし、現在はホルモンは提供していない。
店内は年季が入っとるよ。
店主は3代目で、店主と女将さん、親戚の女性で店を切り盛りしている。

よくわからない謎のメニューは以下の3つ
「A定食」(600円)
「スープ(A)」(450円)
「スープ(B)」(100円)
スープ(A)とスープ(B)の価格差がありすぎやろ。

正解は
「A定食」は魚とコロッケの定食

「スープ(A)」はチャンポンの麺なしで、チャンポンと同じ器だからかなり量があるよ。
「スープ(B)」は玉子スープ。

「ミニ焼めし」(250円)はしっかり味がついているが、フワしっとり系で軽い感じ!

「ラーメン」(500円)はあっさりめの豚骨醤油にストレート細麺を合わせたもの。
屋台のラーメンみたいで懐かしい。

支払いは現金のみ。

お酒と食事 金龍 (金龍食堂)
福岡市中央区舞鶴1-9-6
092-761-6402
11:00~19:30

11:00~13:30
定休日:日曜日、祝日